レバノンのワインと三楽オーシャン197X

 離日送別会の続きです。 
画像
 01 オシャール レバノン 
   レバノンのワインは日本ではあまり馴染みが無いが
   6千年の歴史を持ち世界的には非常に知られている
   (他にクサラ、ケフラヤ)現オーナーはボルドーで
   ワイン造りを学んだセルジュ・オシャール氏
 1988 シャトー カントメルル
   16世紀からある由緒ある第5級格付けシャトー
   今では『値打ち感のあるシャトーの一つ』、
   『第3級に格上げすべき』と高く評価されている
   シャトー名は「さえずるツグミ」が語源
画像
 06 鵜沼バッカス  北海道ワイン
   ヴィニフェラ系葡萄栽培で日本最大規模の会社
   ドイツで誕生した酒神の名を冠するこの葡萄品種は
   個性的なマスカットの香りとハーブのような香りが
   調和したアロマティックなワインとなる
画像
 7X メルシャン プルミエ  グラン  クリュ
   1970年代のワインだが、年号表記はない
   シャトーの無い「メルシャン」ブランド
   当時は三楽オーシャンが会社名で瓶に刻印がある
   TOKIO JAPONとフランス語表記

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック