カベルネ・ソーヴィニヨンの熟成とメルロー

 名古屋NHK文化センター 上級コース
   第15回 CSの熟成とメルロー
         全く同じ造り手の1年違いのCS 
         だけでは簡単過ぎるので  
         同じ造り手のメルローを入れてみた 
画像
画像
 左から
2007 カベルネ・ソーヴィニヨン
2008 カベルネ・ソーヴィニヨン
2006 メルロー
2006 カベルネ・ソーヴィニヨン
画像
ブラインドの結果 □が正解○が好き
パーフェクト2名 オメデトウ   
2006 メルローと2006 CSが人気高かった 

-------------------------------------------
07年CSは 色も香りも若々しい、充実した果実味が
        いかにも太陽に恵まれた良い年を体現 
08年CSは 色に少しオレンジあり 
        タンニンが少し目立ち
        難しい年だった事を物語っている

06年メルローは 色にはっきりとオレンジが見られる 
         熟成によりまろやかになっている
06年CSも 色にはっきりとオレンジが見られる
         まだ若さが残り、タンニンが固い

-------------------------------------------
     メルローの人気はやっぱりでした
     同じ年のCSの固さが目立った
     カリフォルニアでも、ヴィンテージの差が
     良く出ていて、有意義な比較が出来ました 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック