マリアージュで信じられているウソ

 名古屋NHK文化センター 入門コース第2回
  ワインと料理の組合せをマリアージュといいます  
  いまだに「魚には白ワイン肉には赤ワイン」と
  思い込んでいませんか?
  全然違ってますよ~!     
    ヒントは最後にあります  
画像
画像

 左から
 マスカット・ベリーA 種
 ネッビオーロ 種
 テンプラニーリョ 種
 サンジョベーゼ 種
画像
画像

 マリアージュのヒントは「」と「重さ」です。

 ワインは「ワインだけ」の時と「料理と共に」で
 印象が違ってきます。   
 「ワインだけ」飲んで美味しいと感じるものは
 風味がしっかりしているのはよいのですが、
 料理よりもワインの風味が勝ってしまいがち。
 「ワインだけ」飲んで「ちょっと物足りない
 ぐらいの風味のものの方が「料理と共に」
 飲むと意外とバランスが取れるのです。 
 これが「重さをあわせる」という考えです。
                         
 又、料理とワインを合わせる時、食材が何か?
 ではなくて「料理全体の色」を考えます。

 他にも「産地を合わせる」
   「香りの相性」など色々あるんですよ  

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック