ルフレーヴ グラン・クリュ飲み比べ しめて24万円

 毎月恒例の東京出張 
画像
画像
画像
 左から
1989 シュヴァリエ・モンラッシェ
2000 ビアンヴニュ・モンラッシェ
2005 バタール・モンラッシェ
画像
 1989年 シュヴァリエ・モンラッシェ 11万5千円 
    色が濃く、熟成した年月を予想させる
    レモン、ワタアメの香り、コーン、アミノ系 
    酸が柔らかくやさしい甘味、ミネラルは若々しい
    余韻の広がりが半端無く、明らかに別格 
画像
 2000年 ビアンヴニュ・モンラッシェ 5万5千円 
    ミネラル、柑橘の香りがシャープ
    酸は意外と柔らかく、果実味まだ固い 
    暑い年にこれだけ締まったワインを造る所が
    サスガです 
画像
 2005年 バタール・モンラッシェ 6万8千円 
    フレッシュな柑橘、鮮やかなミネラル
    ヴォリューム、厚味、華やか、力強い
    甘旨味を柔かなミネラルが追いかけて来る
    若々しさに包まれつつ、「あぁ、ルフレーヴを
    飲んでいるんだな~」と実感させてくれる 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック