ボルドー vs イタリア

 名古屋NHK文化センター 上級コース
   第68回 ボルドーとイタリアの赤を飲み比べ
画像
画像
 左から
2006 シャトー カプベルン・ガスクトン  サンテステフ
2006 イル・ファルコーネ・リゼルヴァ   カステル・デル・モンテ
2006 シャトー クロワゼ・バージュ    ポイヤック
2007 パローロ  アンドレ・オベルト   ピエモンテ
画像
ブラインドの結果 □が正解○が好き
パーフェクト1名 オメデトウ   
クロワゼとガスクトンのボルドー組が人気高かった
-------------------------------------------
ガスクトンは スパイス、黒糖、森の香り 
       酸シャープ、果実あるが固い、チョコ
ファルコネは 漢方、プルーン、海苔の佃煮の香り 
       酸柔く豊か、野性的な果実、個性的

クロワゼは 赤い木、森、コケの香り、ミント 
       酸も果実もタンニンも柔らか、豊潤
バローロは ハーブ、スパイス、ミントの香り 
       酸が主体、果実味は青く、タンニン細か

-------------------------------------------


1日1回クリックお願いいたします
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
ブログのランキングサイト、「にほんブログ村」さん
先日は第2位まで上昇しました

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック