サルデーニャのカンノナウ種

 名古屋NHK文化センター イタリアコース
   第4回 土着品種の赤を飲み比べ
画像
Lagrein  ラグレイン
   北部のトレンティーノ・アルト・アディジェ州は
   オーストリアやスイスと面し州の大半が
   山岳地域で、葡萄畑は渓谷や急斜面にある
   ラグレイン種は16世紀には栽培されていた
   長い歴史を持つ土着品種

Aglianico del Vulture アリアニコ デル ヴルトゥレ
   長靴の土踏まずにあたるバジリカータ州は
   イオニア海に面しプーリア州とカンパーニャ州の
   間に位置している
   アリアニコは「ギリシャの」という意味の
   エレニコ(Ellenico)が由来で7世紀頃に
   ギリシャから伝えられたとされる
   大変古い歴史を持つ品種

画像
Nero d'Avola ネロ ダーヴォラ
   シチリアは葡萄の固有品種が非常に多く
   イタリア本土には無いものがほとんど
   固有品種ネロ・ダーヴォラを使った
   濃厚フルボディでモダンなワインが登場し
   「シチリアワイン・ルネッサンス」と
   呼ばれ一気に有名になった

Cannonau  カンノナウ
  サルデーニャ島はスペイン支配が長かった為
  スペイン系の固有品種が特徴
   カンノナウはフランスのグルナッシュや
   スペインのガルナッチャと同じ品種

1日1回クリックお願いいたします
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
ブログのランキングサイト、「にほんブログ村」さん
先日は第2位まで上昇しました

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック