タスマニアン・スパークリングとRM

 名古屋NHK文化センター 上級コース
   第89回 シャンパーニュ飲み比べ
画像
Pommery ポメリー 
 初めて辛口のブリュット・ナチュールを発売
 爆発的なヒットとなった
 「溢れんばかりのフィネスと陽気な軽快さ」
 ボキューズ・ドールの公式シャンパーニュ

Lanson ランソン 
 モエ・エ・シャンドンに次いで3番目に古い
 酸味を残したフルーティーでまろやかな風味
 MLFを行わず果実味や新鮮さを保ちながら
 ゆっくりと熟成させていく

画像
Joly Champagne ジョリー・シャンパーニュ 
 小さなレコルタン・マニピュランで
 メディアに出る事はあまりない
 75%がピノ・ムニエ
 繊細でフルーティーな味わいが特徴

Jansz ジャンツ 
 タスマニアを代表する
 プレミアム・スパークリングの造り手
 選ばれた畑から数回に分けて収穫
 1回の収穫毎に醸造を行う事で
 ブレンドのオプションを増やし
 複雑味をもたせている

1日1回クリックお願いいたします
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
ブログのランキングサイト、「にほんブログ村」さん
先日は第2位まで上昇しました

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック