カレラのライアンとウィリアムズ・セリエム

 名古屋ワインスクール プルミエコース
 第87回 カリフォルニアのピノ・ノワール2002年
画像
画像
 左から
2002 サイテーション オレゴン
2003 ウィリアムズ・セリエム
2003 カレラのライアン
2002 ピゾーニのルチア
画像
ブラインドの結果 □が正解○が好き
パーフェクト1名 オメデトウ   
オレゴンのサイテーションが人気高かった  

------------------------------------
サイテーションはスミレ、華やか、動物、ベリーの香り 
       酸がキリッとして、フルーツは控え目
セリエムは 香りが華やかに満開 
       甘く、華やかな風味、ALC感、いかにも

ライアンは しめった土、まだ閉じた感じ  
       酸がシャープで、ボディも締まっている
ルチアは 樽、スミレ、力強い 
       酸も果実味も豊かでふくよか

------------------------------------


1日1回クリックお願いいたします
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
ブログのランキングサイト、「にほんブログ村」さん
先日は第2位まで上昇しました

"カレラのライアンとウィリアムズ・セリエム" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント