1997年 世界の赤を飲み比べ

名古屋NHK文化センター こだわりコース
   記念すべき第150回 1997年の赤  
画像
画像
 左から
1999 スペイン  パロマール    Tem/CS
1999 California ブラックチキン   Zin
1997 ボルドー  ランゴア・バルトン CS/Me他
1998 NZ     ブルックフィールズ CS/Me他
画像
ブラインドの結果 □が正解○が好き
パーフェクト1名 オメデトウ   
カリフォルニアとボルドーの人気が高かった  

----------------------------------------------
パロマールは スミレ、カシス、干し草の香り
          酸は豊かで、柔らかな果実、紅茶
ブラックチキンは ハーブ、黒糖、個性的な香り
           果実味濃厚、プルーン、ヴォリュームある

ランゴア・バルトンは ミント、腐葉土、青い野菜の香り
             酸が主張し、タンニンの収斂性残る
ブルックフィールズは ジャム、チョコの香り、ALC
             フルーツに厚み、タンニン緻密でまろやか

----------------------------------------------

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック